UIRUの片隅

頭の片隅に残りたい

MENU

ACE7 Part2 初めての対地戦 ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN

前回のACE!

エルジア軍がオーシア軍に対して宣戦布告!
未確認飛行物体はエルジア軍無人機であった。

オーシア軍:主人公が所属している。強大な軍事力を持つ
エルジア軍:無人保有の小国。
f:id:UIRU:20190120102451j:plain

貨物のコンテナに入っており、軍用設備のみ破壊した。

無人機故、生命維持装置をなくすだけでなく、パイロットが必要ないため、今回のように荷物に忍ばせ、必要な時すぐ動かせるのが強みですよね。何日、何年と待つことが可能です。

さらに軌道エレベーターを奪われてしまいました。
f:id:UIRU:20190120103228j:plain

ハーリング前大統領が掲げた政策、エルジア王国に建設された軌道エレベーターに対する経済的不満が引き金と思われる・・・

戦争勃発!

ここでシーンがかわる。
前回出てきたメカニックの女性が収容施設に放り込まれた。ここでは軍規違反を犯した者が多数いる。
ここは、ほとんどの設備がダミーとなっており、デコイとして敵の火力を割く役割をしてる。

Chapter2 進撃開始

大陸の大半がエルジアと同調勢力にオーシア軍が大陸東部に追い込まれることに・・・

軌道エレベーター
和平の象徴のほか
エネルギー問題の解決にも貢献するもの。
(戦争は人、資源があるに越したことはないですからね。)
そのため大陸全体の影響力を与えるものとなる。

今回の任務
軌道エレベータ奪還任務の戦闘序列に入り先遣隊として出撃。
進撃中の敵部隊を攻撃し、味方地上部隊反撃への妨げを排除。

対空レーダー搭載車両を複数配備していることから対地戦闘がメインとなる。

機体

wikipedia参照 にわかです。
Chapter2から機体ツリーが開放!
ポイントを消費することで機体やパーツ、特殊兵装が購入できます
f:id:UIRU:20190120105301j:plain

F-16C

f:id:UIRU:20190120105409j:plain

通称「ファイティングファルコン」
ACE7初期機体になります。

開発社

アメリカ合衆国、ジェネラル・ダイナミックス(ロッキード・マーフィン社)

初飛行

1974年2月2日

現役で活躍中。

ユニットコスト

1880万USドル
現在レートで
206386.4万円→20億6386.4万円!

特徴

・ブレンデッドウィングボディ(BWB):胴体と翼を一体形成し、空気抵抗の低減、揚抗比の改善が行われている。
搭載量の増大、燃費向上の効果
・フライ・バイ・ワイヤ(FBW):機体の操縦をコンピューターで補正・制御。
・アルミニウム合金の使用割合が高く、価格低減を重視。
・最大速度は2414km/h

特殊兵装

f:id:UIRU:20190120111321j:plain

対地攻撃用途のGPB

戦闘開始

f:id:UIRU:20190120111433j:plain

今回は滑走路からのスタートではなくすでに飛んでる状態でした。
雲の中に入ると水滴が・・・すげぇ。しばらく雲の中にいると着氷状態になり、機体性能、レーダー性能が落ちてしまいます。

攻略

初の対地戦闘になります。
地面にキスしないように注意が必要です。今回は平地が多いため敵は狙いやすく機体の向き高度に気を付ければ問題ないです。
特殊兵装GPBはミサイルと比べる着弾までに時間がかかるのと発射音が小さく発射したかわからないため弾数の確認をして、発射したことを確認しましょう。

途中、敵航空部隊が出現します。高度を上げれば地上の敵はきにしなくて大丈夫です。

ターゲットを倒し終わると・・・




f:id:UIRU:20190120112512p:plain

無人機出現。
機動性が高く当てづらいですが、ミサイル1発で落とせるので確実に背後から打ち込んでやりましょう!

弾薬を気にしにながらの戦いになります。
自分は結構ギリギリでしたw
f:id:UIRU:20190120112630j:plain

ミサイル経費

今回は69発使用

1発8000ドル
552000ドル
現在レートで
60598560円
6059万8560円

はい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
機体知識が乏しく、調べながら書いているため書き上げるのに時間がかかっていますw
平日でも投稿できるか不安ですが頑張っていこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。