UIRUのゲーむブログ

ゲームをする社畜。その濁りきった眼に写るのは偏見。FGOやクリプトをやりつつ、仕事について偏った視点から切り込みます。

救われた言葉 救われなかった言葉

今の自分に至るまでにいろんな言葉を頂きました。

その中から抜粋してます。

言葉自体にも大きな力がありますが、結局は言ってくれた相手によっては同じ言葉でも、元気づけるだけるのではなく傷つけてしまうこともあると思います。

何言ってんだ?みたいなこともあるかと思いますが生暖かい目で見てやってください。

救われた言葉

「寝ろ」
寝て良いんですか!
試験前だかに言われて何かが楽になりましたね。「じゃあ寝ます」

「定時になったら帰れ」
働いてて何故か当たり前のことなのにうれしかったです。

「残業するのは自分の能力以前に、残業前提の計画で動いている上に問題がある」
自分の作業が遅いと悩む前に、業務量が適正か良く考える必要があります。
ただ上の人間は責める事が好きなので、自分の非を認めません。

「いくら頑張っても私の子供である以上あまり期待していない。でもいい意味で裏切ってくれたらうれしい」
親に言われたのですが、笑いました。
両親共に頭がよくないのに子供が頭がよくなるのは難しいと。
テストでいい点が取れなかったとき言われて楽になりました。

「家に帰ってもゲームしかやること無いの?と言われるが、ゲームすらやることが無い人間もいる。」
家帰ってもやること無い人もいますよね。ゲームという楽しみを何故か悪く言う人がいてショックなんですけど。

「人は平気で騙すし、裏切る。だから関わる人数は極力少ない方が傷つかない」
友達少ない私ですが、人間関係のいざこざは面倒ですからね。本当に仲のいい人といれば良いと思います。

「死ぬことより、生き続ける事の方が辛い」
ゲド戦記だとおもいますが。生きてるだけで辛いんです。でも、簡単に投げ出してはいけない。

「自分が悪いんじゃない。相手の見る目が無かっただけ」
就活でうまくいかなかった時によく言い聞かせていました。
結局面接では素の自分を受け入れてもらえるかどうかなので、企業側とはいえ相手は人間。
わずか数分で相手の何が分かるって言うんでしょうかね。

「駄目なところがあるってことはそれだけ伸びしろがある。」
直せるところがあるってことですからね。それを教えてもらえるのはありがたいです。

「根性論で人を生き返らせることはできないが、殺すことはできる」
夏場の体育の授業でこういう事件ありましたね。とにかく根性
部活でも気合がないと怒られていましたが結局、根性なんて人それぞれだし強要されるものではないです。
自分を追い込むのも、甘えさせるのも自分自身。

「人は生まれた時から不平等、平等なのは時間だけ」
裕福な家庭で生まれる子もいれば、貧しい家庭で生まれる子もいる。
同じ説明でも理解できる子とできない子がいる。それは仕方のないこと。
できないことを責めるのではなく、できることを褒めてあげよう。

救われなかった言葉

「今は試練の時だからとにかく耐えて頑張るんだよ」
たいてい、中途半端に終わったり、得るものが無かったです・・・

「努力は裏切らない」
これは自分の理解力の無さですね。
報われるか報われないかのギリギリのところで自分のモチベーションを維持継続してからこそのこの言葉だと思います。
良く使われる言葉ですが、かなり厳しい言葉なんじゃないかなと思います。

「失敗してもいいから」
ど派手に失敗し、盛大に怒られた・・・

「俺は上司には厳しいが、後輩には優しい」
自分でやさしいと言ってる時点で厚かましい。

「君一人だけが頑張っているんじゃないよ。皆頑張ってる。」
それにしては全然終わらないですけど!!あなたはどうなんですかね。

「あなた以上に辛い思いをしてる人はたくさんいる。」
何様なんでしょうね。
辛さの感じ方は人それぞれだし、互いに理解はできない。
この辛さを感じているのは自分以外いない。

「○○教」
ガチャで神引きなんて無かった。

「これ美味しいから騙されたと思って食べてみて」
美味しくなかった。騙されましたね。

「定時帰り推奨日」
力が無さすぎる。帰れるのはいつも定時で帰っている人だけ。強制にしろ

おまけ

アインシュタインの名言です。天才すぎる

「人が恋に落ちるのは、万有引力のせいではない。」
リンゴが落ちるのは万有引力ですね。

「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。」

以上です。

ありがとうございました。