UIRUの片隅

頭の片隅に残りたい

MENU

GW明け出勤、登校できて偉い!

学校に行きたくないのは学校が悪い

じゃあ、仕事に行きたくないのは職場が悪い。












10連休明け。
8時間拘束されるのは非常につらかったです。
8時間もあればゲームもブログ投稿もできる。

仕事ってクソだなぁ!おい!

なぜそこで働くのか

自分の努力、運の結果ここが最善だと感じたから。
ちゃんと休め、残業代もでる。
基本給は少ない。

だが、自分には特化した能力が無い。
誰にも負けない力が無い。

こんな人間を欲する会社なんてない。

だから愚痴を言いつつ働く。


それが仕事だから。









さて、10連休明けのSNSでは冒頭にあった

学校に行きたくないのは学校が悪い

という話題で盛り上がっておりました。

学校に行かなくても優秀な人材はいる。
飯食っていける人間になれる。

間違ってはいないね。

学校に行っても未来が確約されることはなく、飯を食うことも難しくなってしまう。

私は学校に通った人としか関わったことがないが、優秀な人、クズはいる。

要は

学校に行っても行かなくても関係ないんじゃないか・・・と思う。

学校に対する要求きつくね?

いじめをなくせ!

優しく生徒に接しろ!

しまいには
楽しい学校を作れ!


無理!

先生は神様かよ。

どうしたら皆が満足するんだ。

そう思う日々です。

受け取り方なんて人それぞれ。

「優しくしてください」

何をもって優しいと定義する?

怒るのは優しさではないのか。注意することは優しさではないのか。

結局受け取り方次第でもどうにでもなってしまう曖昧なもの。

悪いことばかり目立ちすぎている。

私は心底、教師という道を選択しなくてよかったと思います。

努力があまりにも報われなさすぎる業種になっているんじゃないかな。

誰だって最初からできる人間はいない。
できないことは嫌だし、できればやりたくない。

学生時代というのはできないことが多い。わからないことが多い。

だから習う。学ぶ。実践する。

過程は苦しいし、結果が出なければもっと苦しい。

誰だってそうだ。学校が嫌になる。

それを学校のせいにするのはどうかと思う。
もちろんそれだけでなく、人間関係も含まれると思うが・・・

学校、教師に対する風当たりどうにかならないもんですかね。

以上。

そこまで学校が好きじゃない社畜でした。

スーツ出勤になりそうです。これでなろう系主人公にまた一歩近づいた。