UIRUの片隅

頭の片隅に残りたい

MENU

中国出張 生活編



水道水は飲まない

出張中ずっと意識していました。
職場の方の多くが無意識的に水道水を口の中に含んでしまったことが原因でお腹を下してしまったそうです。
他にも食事とかありますが。

水を飲むだけでなく、うがいでもなりかねないそうなので注意が必要です。

泊まったホテルの洗面台には飲料水が置いてあり、これでうがいやら歯磨きやらに使います。

f:id:UIRU:20190630105219p:plain

飲食店でも注意が必要です。
水道水を沸騰させたお湯を出してくる場合もありますので基本的は飲まない方が良いです。またはソフトドリンクを注文する。方が良いです。

食事もなるべく良いところというのでしょうか、高級そうなお店の方が安全です。
「最もお金をかけるべき所は安全である」

とある方はいっていました。

治安

悪くはないです。
北京市内だけの話ですが。
そこら中に監視カメラがあるため、スリの被害は激減しているそうです。
財布を落としたが無事返ってきたうえに中身も取られていなかったという話を聞いたことがあります。
それでも油断は禁物です。
かばんやバックは視界から外れる後ろにおろすのではなく、視界に収まるよう前におろすようにしましょう。

人が多いということはやはり変な人もいます。これは日本人でも言えますが、とにかく道端で絡まれても無視。目を合わせないようにしましょう上記で述べたように監視カメラがあることは旅行者以上に知っているので強行的なことはしないと思いますが、油断は禁物です

交通

歩行者がいようが止まってくれません。
というか人が車に譲る状態です。もちろん車側も引かないように避けてはくれますが結構ギリギリを通過するので、渡る際は急ぎ気味でわたりましょう。ダラダラ渡られるとイライラするのは日本人でも変わりありませんが中国の方はあからさまなので同じ感覚を持って行かないように。
バイクが電動式というのでしょうか。とても静かです。後ろから来られると分かりません。存在証明も含め、クラクションを鳴らすので引かれることはありませんが、焦って急な方向転換すると逆にぶつかってしまいます。
日本だとあまりクラクションは鳴らしませんが、向こうは頻繁にならしますので「こういうもんなんだな~」程度にとらえて落ち着いて避けましょう。

空気

悪いですね。
特に長時間歩いていると、体が砂っぽくなります。すぐにシャワーを浴びたくなります。
あと喉が変になります。痰が詰まる感覚。
なのでマスク外を歩くときはマスクは需要かなと思います。

髪がサラサラしにくいのも関係するかもしれません。
これに関してはシャンプーも大きく関係していると思います。
洗ってもサラサラにならず、指を通すと「キュッ」とブレーキがかかるような状態になります。コンディショナー使っても!洗浄力が強いのかな・・・
シャンプーだけ持っていくのは有りかもしれません。

以上となります。

どこへ行くにしても下調べというのは大事になってきます。
仕事で行くのではなく、旅行で行く分にはなおさらなです。