UIRUのゲーむブログ

ゲームをする社畜。その濁りきった眼に写るのは偏見。FGOやクリプトをやりつつ、仕事について偏った視点から切り込みます。

最大所得運命論

始めに言っておきます。鶏が先か卵が先かみたいなもんです。

最大所得運命論とは

現在の給料が現在の自分の能力(努力、運、実力)の結果であり世界の理である。と・・・

金持ちにお金は集まるし、その子供もなんだかんだお金が集まっている。

それが当然のように。

ブログを書くために定時で帰れば、残業代はない。(本来あるべき姿なんですけどねw)

空き時間を利用して副業を行えば、一時的にであればお金は増える。
しかし、この空き時間を勉強時間として利用したら、ゆくゆくお金に変わるかもしれない。

つまり

自分が今の給料に満足していなくても、それは今までの自分の結果であり適正価格であると。

成功者は口を揃えてこう言う

「まずは行動する」

「動かなければ何も始まらない。」

確かにその通りだ。

しかし

その「行動する」という行為そのものも運命によって定められたことかもしれないし

運命から脱却するための抗いかもしれない。

私としては後者であって欲しい・・・

お金がリアルタイムで入ってくるなんて事はそうそうない。

今の結果が正解だなんて自分では分からない。

基本は結果の後付としてお金が入り、過去の自分の行動の答えあわせになる。

そしてテスト用紙の上限点は個々の能力によって変わってくる。

テストでどれだけ勉強しても100点以上の点数が取れないのと同じように

現在の給料をはるかに上回る所得を取るのは無理なのではないかと考え

「最大所得運命論」

と名した。

とはいっても、

この世は狂いやすく

上限が突破することもあれば、下限がマイナスになることもある。

テストで完璧以上のセンスが光る回答を行えば先生の目にとまり、通知表で高評価をもらえるかもしれない。

逆に答案に落書きや先生への文句を書けば通知表でマイナスも評価を貰うことになる。

直接的ではないにしろ、収入が発生することに繋がったり、借金が発生することがある。

果たしてどこまでが運命で、どこからが抗いなのか。

それはだれにも分からない。

ただ、歩みを止めたらそこまで、あとはひたすら沈み続ける。

決められた運命であろうと、今を歩き続けなければならない。








頑張ろう