UIRUの片隅

頭の片隅に残りたい

MENU

大失敗 社内説明会

社内説明会で大失敗

題名の通り大失敗しました。

幸い社内の人だけだったので被害はそこまで大きくないうえに、振り返ってみればなるべくしてなる結果だったと思います。

失敗内容

事前打ち合わせをやっていなかったことによる発表内容のかぶり(失敗小)

プロジェクトメンバーで発表個所が割り振られましたのですが、当日まで誰も他の資料を見なかったうえに、打ち合わせも行われませんでした。

業務が忙しく時間が合わせにくいというところもあったのですが、上司以外のメンバーは自分含め今回が初めてのことで、どの程度の内容か不明でした。詳細説明もなかったです。まぁ聞きにいかなかった自分にも非があると思いますが。

上司も直前まで焦っていなかったり準備をしていなかったので正直そこまで規模の大きいものだとは思いませんでした。

実際は部長クラスも参加しているうえに1日がかりの壮大な発表会でしたw

発表内容も上司の概要説明でほとんど話してしまい、我々は同じことを繰り返し話していました。更にアドリブ部分が多いこと多いこと・・・

ぐだぐだでしたね。

動作不良(失敗特大)

今回発表した製品が動かなくなりましたw

デモンストレーションとして参加者に実演していたのですが、ファームウェアのアップデート中に動作不良を起こし再起不能に・・・

ファームが2日くらい前に上がってきたものらしく、その時参加していた人間は上司以外把握もしてなければ検証もしていませんでした。

担当者は「何台か確認した」そうです。
毎回自分たちが確認するとバグが速攻で見つかるので、信頼性は低いです。
完璧なものなど存在しないのでバグが発生するのは仕方ないことです・・・が!製作者ではない自分たちが、アップデート後すぐに見つけてしまうものはいかがなものかと・・・

あらかじめ自分たちが確認していたり、確認済みのものを使用していればこんなことは起こらなかった。こればかりは上司が先走りすぎた感が否めないです。

腹が立った

事前連絡では発表だけだったのに当日になった途端。
機材の運搬。
実演担当
が自分に振られました。

難しいことはなかったので良かったのですが、上司は後ろの方で突っ立ておりフォローなし・・・

動かなくなった機械は自分が使っていたのですが

まったくもっておかしなことをやっていない

にも関わらず

何かおかしなことをやったのではないか。と、何度も責められました。

流石にブチっと来ましたね。

人に振って挙句の果てに疑うなら自分でやれ!

幸い、部長クラスの方が証言してくれたので問題なかったですが。

あまりにもしつこかったら
「そこまで自分のせいにしたいなら、わかりました。自分の操作が原因で壊しました。これでいいですか?
明日から残ってる有給全部使いきってその後辞めます」

と言っていたかもしれませんね。

そして

「ここまできたら隠す必要もないか。」

という感情が吹き出し

自分:「この操作をすると使い物にならなくなるので気を付けてください」

それに対し上司が
上司:「アップデートによりそこまでひどくなりません」

自分:「少なくとも自分は確認していないのでそれが本当かどうかは不明です。自分の認識では使い物にならなくなる以外のことは言いえません」

圧勝

当時参加していた人、誰も本当に改善されたかは確認していませんでした。

プロジェクトは最終段階で一旦保留。とりあえず問題点がまだまだあるということを認識して貰えました。

よかったよかった。

根本的な原因

今までの話から察するに上司が焦りすぎた。これが一番大きいです。

焦るのは仕方ないことです。

散々書かせてもらっていますが、現場を知らない上の人間がまぁ急かせる急かせる。

責任者である上司がどんなことを言われているかは想像できませんが、相当なものだと思います。

今回それが最悪の形で出てしまいました。
上司は被害者なんじゃないかなと思いつつ、許せないこともあるのでそこまで肩入れできない自分もいます。

おかげで自分のクソみたいな発表も可愛いものになりましたw

報連相は部下に徹底させる前にまずは上の人間が!

非常に疲れた1日でした。