UIRUの片隅

頭の片隅に残りたい

MENU

【イラスト】生活するためのイラスト単価と今後動くとしたらの方針

生活すための単価

絵で1銭も稼いでいない私ではありますが、1枚いくらで売ったら生活できるか考えます。

1枚安く見積もって1万円。

現在自分がtwitterに上げられる程度の絵を描くのに約12時間(休憩時間あり)かかっています。
カラーの1枚絵

そのため1日1枚は描けるペースになるので土日休みとした場合月収20万になります。
そこからもろもろ引かれ手取りが15万程度になります。

ということで少なくても1万円自分の手元に来るような金額設定になります。

稼ぐためには
1.絵のクオリティを上げて単価を上げる
2.1枚にかかる時間を短縮し、同じクオリティで1日に複数毎描く。
3.youtubeでイラスト講座ないし、作業配信で別収入を稼ぐ
4.ブログの収益

絵をメインにした場合ぱっと思いつくとこんな感じです。(そもそも稼いだことが無いので引き出し少ない事ご了承ください)

今後能方針

絵の単価に関していえば個人的にねらい目は海外になります。
某KK氏の話題を思い出していただきたいのですが、助手扱いでも年収600万だそうです。
初任給、ビックマックの価格でもそうですが、海外の方の方がお金を出してくれそうです。

良いものを安くという文化もあります。絵の価値を見る前に先に価格に目が行ってしまう方も多いのでは?
現在それなりに大きな企業で働いている私ですが、ある物を購入しようと上司に説明した際「高い!」と言われました。しかし、相場で見ると他と差はなくむしろ金額は妥当でした。なぜかその案件が数か月放置されたという経緯があり、正直それなりの企業なのにケチくさく即決できない態勢に嫌気がさしております。おかげで計画も数か月伸びることになりましたしね。

人口の減少、GDPが成長しない。右肩下がりのお国の様子を見ていると今後。娯楽費にかけられる金額は総じて下がっていくと思われます。

そのため、国内需要より海外の需要に着目し売り込んでいくのが今後は良いかと考えます。
イラストもそれに合わせて格ゲーキャラやジャンプ系漫画のキャラなどが需要がありそうな気がします。Vtuberもかな?
逆になろう系アニメのキャラは認知度が無いと思います。

一方日本は物価が安く治安も良い。やばい感染症も少なく過ごしやすいところではあります。

イラストの仕事は出社の必要もありませんので日本で暮らしながら仕事がしやすい業種になります。

NFTという新たな可能性もあります。

うまく軌道に乗せれば夢のあるお仕事だと思います。

日本にはこだわらずむしろ出ていく方針になるかなと思います。
政治家の皆様は自分のためお友達にお金を配っていますので背中を押してくださっているのかなと思います。
国を変えるより自分を変えるほうが簡単です。

最後に、今の自分の絵は1万円で買うかと言ったら絶対に買いません!